支部長挨拶

平成25年度土木学会中部支部の支部長を務めさせていただくことになりました、愛知県建設部の平井雄二です。この1年間、土木学会の発展のために尽力して参りたいと思っております。

さて、未曾有の被害をもたらした東日本大震災から2年余りが経過しましたが、東北地方の復興はまだまだこれからという大変な状況が依然として続いております。この中部地方においても、南海トラフを震源域とする巨大地震が近い将来必ず発生するといわれており、その場合には、甚大な被害が想定されております。

また、昨年12月には中央自動車道笹子トンネルにおいて、天井板が落下する重大な事故が発生しました。わが国の社会インフラの多くは、高度経済成長期に集中的に整備されており、これらのインフラの急速な高齢化が今後一層問題となってまいります。

私たち、土木技術者は、安心して豊かな生活を営むことができる社会インフラを構築する使命を担っており、東日本大震災復興とともに、この中部地方に切迫する巨大地震に対する備え、さらにはこれまで築いてきた社会資本を良好な状態で次世代へ引き継いでいく必要があります。

そして、この中部地方は製造業の集積が厚く、わが国を牽引する産業の中枢を担う地域でもあります。東アジア諸国を始めとする諸外国との厳しい国際競争にうち勝ち、わが国の活力を維持・発展させるために、産業を支える空港・港湾、道路などの社会資本への投資も怠るわけにはいきません。

しかし、一方では、回復傾向にはあるものの依然として厳しい経済状態による予算の制約、高齢社会の到来に伴う土木に携わる若い人材の減少など、土木を取り巻く環境は厳しくなってきております。このような時代であるからこそ、土木技術者の英知を結集した対応が求められており、産・学・官で構成される土木学会の果たすべき役割がますます大きくなっていると考えております。

来年、土木学会は、創立100周年の節目を迎えます。そうした中、中部支部の取組として、一昨年より中部地方巨大災害タスクフォースを立上げ、中部地方で発生が危惧される巨大自然災害を想定し、これに対する備えについて検討しています。本年度も歴史・教訓に減災を学ぶ見学会を開催するなど、一般の方に防災・減災について学ぶ機会としていただくことにしております。

また、この機会に土木分野の認知度、イメージアップをしていきたいと考えております。中部支部では長年、特に小中学生を対象に、土木のもつスケールの大きさや醍醐味など多くの魅力を知ってもらうことで、将来、土木の分野で働きたいと思ってもらえるようにと活動を行っております。具体的には、小学生とその保護者を対象とした親子ふれあい見学会、そして主に小中学校の教員を対象としたエクスカーションなどを開催しております。また、出前講座では、主に小中学校からの要請より、学校に出向いて、土木分野に関する講座を開いています。他にも市民を対象として市民見学会を開くなど、市民の方々に対して土木分野についての理解を深めていただくような取組を続けてまいります。

若手技術者の人材育成については、土木分野への不安や疑問の解消、そして土木分野で働く魅力の発見や技術の継承などを目的に、キャリアのある技術者と新人技術者、学生などの世代間交流を図る機会として、学生のための技術相談会や意見交換会などを開催する予定です。土木学会は産学官、それぞれの分野の人材が豊富ですので、それぞれのもつ魅力ややりがいを、交流を通して感じていただいて、ぜひ土木の分野で将来活躍していただきたいと思っております。

本年度は、こうした取組を一層活発に展開し、土木の魅力や土木技術者の果たす社会貢献などについて、国民の皆さまにきちんとご理解いただけるよう情報発信していきたいと思います。今後とも、是非、会員の皆様のご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げ、就任のあいさつとさせていただきます。

平成25年度土木学会中部支部長
平井 雄二
(愛知県建設部長)

中部支部会員数

2013年5月末日現在の土木学会中部支部会員数は、下表の通りです。

正会員 個人 2,844名
法人 40団体
学生会員 822名
特別会員 40団体
合計 3,746名
フェロー会員 142名
名誉会員 25名

歴代支部長および幹事長

歴代の支部長および幹事長一覧は以下からご覧ください。