講習会・講演会とは

土木学会中部支部では会員の交流と啓発をもって土木技術者の資質向上を図る事を目的として、技術講習会を年5回程度開催しています。

講習会のテーマは、設計、施工、安全、環境、維持管理、防災等幅広く様々な分野から、その時流に沿ったものを選定しています。近年では、維持管理技術、防災をテーマにした講習会や、自己啓発に直結する技術士試験対策の講習会が人気を集め、会員、非会員を問わず多くの技術者に受講頂いています。

また、講習会は原則として土木学会CPD認定プログラムとして実施し、継続教育による技術力の維持向上にも貢献しています。

近日開催予定の講習会・講演会

2017年11月8日 「モデル橋梁を使った橋梁保全技術」講習会ご案内

さまざまな劣化・損傷が生じ撤去された橋梁の部材を全国から集めた名古屋大学のモデル橋梁(ニュー・ブリッジ)を用いて、これからの橋梁の維持管理を担う技術者の方々に、橋梁保全技術や劣化状況を学習し、調査点検実習を行っていただくことを目的とした技術講習会を開催します。

2017年10月25日 「爆発・衝撃作用を受ける土木構造物の安全性評価」に関する講習会(金沢) のご案内

「爆発・衝撃作用を受ける土木構造物の安全性評価」に関する講習会を金沢にて開催いたします.

実施状況

過去に開催した講習会・講演会の一覧です。PDFファイル